日テレNEWS
国際
2011年8月11日 1:09

北朝鮮 軍事境界線付近に2度砲撃

 韓国と北朝鮮がにらみ合う朝鮮半島西側の黄海で10日、北朝鮮軍が2度にわたって南北の海の軍事境界線付近に砲撃を行い、韓国軍も応射した。

 韓国の国防省などによると、10日午後1時頃に海の軍事境界線に近い韓国・延坪島近くで北朝鮮軍が砲弾3発を発射し、島の住民が一時、待避所に避難した。韓国軍は、砲弾1発が境界線を越えて韓国側の水域に着弾したと推定、約1時間後、延坪島から3発の対応射撃を行った。

 北朝鮮軍は10日午後7時46分頃、さらに砲弾2発を発射、韓国軍も応射した。

 国防省は、北朝鮮が軍事訓練を行っていたものとみており、境界線を越えたのがミスによるものなのか故意に行ったものなのか「全ての可能性を念頭において調査している」と述べている。