日テレNEWS
国際
2011年8月27日 7:01

NY株134ドル高 FRB議長講演を評価

 26日のアメリカ・ニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価は前日比100ドル以上値を上げて取引を終えた。

 アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が、来月の金融政策決定会合で追加の金融緩和策を検討する考えを示したことが一定の評価を受けた。

 内容に具体性がなかったため、ダウ平均株価は一時220ドル以上値を下げたが、前日比134ドル72セント高い1万1284ドル54セントで取引を終えた。