日テレNEWS
国際
2011年9月2日 13:05

カダフィ氏の海外資産1兆円超、凍結解除へ

 リビアの復興を支援する国際会議が1日、フランス・パリで開かれ、カダフィ大佐の資産のうち1兆円分以上の凍結を解除することなどで一致した。

 リビアに軍事介入しているイギリスとフランスが主催した会議には、アメリカ・クリントン国務長官や、国連・潘基文事務総長ら約60の国と機関が参加した。リビア反体制派の国民評議会は8か月以内に新たな憲法を制定して選挙を行うことを目指しており、アブドルジャリル議長は復興のための財源の援助を求めた。

 フランス・サルコジ大統領「カダフィ大佐と側近に横領された金は、リビア国民の手に戻さなければならない」

 各国は、海外にあるカダフィ大佐の資産のうち150億ドル(約1兆1500億円)の凍結を解除することで一致した。また、カダフィ大佐の身柄を拘束するまでNATO(=北大西洋条約機構)の軍事介入を継続することなどにも合意した。