日テレNEWS
国際
2011年9月11日 10:02

同時多発テロ、日本人遺族が追悼集会を開催

 01年9月11日に起きたアメリカ同時多発テロでは、日本人24人も犠牲となった。ニューヨークでは10日、遺族らが集まり、追悼集会を開いた。

 日本人の家族会などが主催した追悼集会には、世界貿易センタービルで息子を亡くした住山一貞さん(74)らが出席した。住山さんは「(10年は)一つの区切りではあるけれど、これで終わりという感じではない。自分の気持ちになかなか決着がつけられない」と話した。

 また、11日の追悼式典を控え、テロの跡地では着々と準備が進められている。テロ計画の情報が発覚する中、周辺では、大型車を中心に積み荷などの入念な検問が行われており、緊張が高まっている。