日テレNEWS
国際
2011年9月19日 21:12

インド北東部でM6.9、55人死亡

 インド北東部で18日、マグニチュード6.9の大きな地震があり、多数の死傷者が出ている。

 地震が起きたのは、ヒマラヤ山脈に接するインド北東部・シッキム州で、アメリカ地質調査所(=USGS)によると、地震発生時間は18日午後6時過ぎ、規模はマグニチュード6.9だった。

 建物が倒壊し、住民が下敷きになるなどの被害が出ていて、AP通信によると、インド国内や国境を接するネパール、中国・チベット自治区などで少なくとも55人が死亡している。停電や道路の崩落により救助活動が難航しているため、犠牲者がさらに増えるおそれもある。

 外務省によると、日本人に被害が出たとの情報は入っていないという。