日テレNEWS
国際
2011年9月21日 3:19

IMF、世界経済見通しを0.5p下方修正

 IMF(=国際通貨基金)は20日、最新の世界経済見通しを発表し、来年の世界全体の成長率を0.5ポイント下方修正した。

 「先進国が抱える問題は想像よりも深刻だ」と指摘した上で、「世界経済は新たに危険な局面に入った」と警鐘を鳴らした。その要因として、ヨーロッパの財政問題の他、東日本大震災の影響などを挙げている。