×

日テレNEWS NNN|日本テレビ系NNN30局のニュースサイト

人工衛星の破片、米国沖の太平洋に落下か

2011年9月25日 9:38

 NASA(=アメリカ航空宇宙局)は、運用を終えたアメリカの大気観測衛星「UARS」が日本時間24日午後、大気圏に突入し、破片がアメリカ沖の太平洋に落下したとみられると発表した。

 衛星の大半は大気圏で燃え尽きたとみられるものの、26の破片が大気圏を通過し、落下した可能性があるという。これまでにケガ人などの被害は報告されていない。