×

日テレNEWS NNN|日本テレビ系NNN30局のニュースサイト

正恩氏の切手発行される 偶像化の一環か

2011年12月31日 15:32

 北朝鮮で、故金正日総書記の後継者・正恩氏の切手が初めて発行された。笑顔の正恩氏が生前の金総書記と並んだ写真が印刷されていて、正恩氏の偶像化作業の一環とみられる。

 国営・朝鮮中央テレビは31日、労働党中央委員会の政治局会議が30日に平壌で開かれ、金総書記の死去によって空席となっていた軍最高司令官に正恩氏が就任することが決定されたと報じた。会議の全ての参加者が起立し、熱狂的な拍手で正恩氏の就任を歓迎したという。

 正恩氏は「最高指導者」と公式に宣言されているが、軍のトップのポストに正式に就いたのは初めて。今回の決定は、金総書記の「10月8日の遺訓」に従ったものだとしている。

 金総書記が生前から正恩氏の最高司令官就任を決めていたとすることで、後継の正統性を強調する狙いがあるとみられる。