日テレNEWS
国際
2012年2月12日 11:17

ホイットニー・ヒューストンさんが死去

 80年代、90年代を代表する世界的歌手、ホイットニー・ヒューストンさんが死去した。48歳だった。

 AP通信によると、ヒューストンさんの死去は広報担当者が11日に発表したが、死去した具体的な場所や死因は明らかにされていない。

 「ソニーミュージック」のホームページなどによると、ヒューストンさんは10歳代の頃からモデルとして活躍し、歌手としてデビューすると7曲連続で売り上げ全米トップを記録した。92年の映画「ボディーガード」では主演を務めるとともに主題歌を歌い、全世界で3000万枚のセールスを記録するなど、80年代、90年代を代表する世界的歌手だった。

 私生活では麻薬やアルコールへの依存が伝えられており、アメリカのメディアは「死因と関係があるかもしれない」などと報じている。