日テレNEWS
国際
2012年3月21日 11:14

イリノイ州予備選 ロムニー候補の勝利確実

 アメリカ大統領選挙の野党・共和党の候補者選びは20日、中西部の大票田・イリノイ州で予備選挙が行われ、ロムニー候補の勝利が確実となっている。

 イリノイ州の予備選挙は日本時間21日午前9時に投票が締め切られ、NBCテレビは、ロムニー候補の勝利が確実になったと伝えた。AP通信によると、開票率20%の段階で、ロムニー候補の得票率は56%と、サントラム候補の27%に大きく差をつけており、アメリカの一部メディアは「ロムニー候補が圧勝の見通し」と伝えている。

 先週に行われた、保守色の強い南部の州での予備選挙で連敗し、保守派の支持を固めきれていないことが露呈したロムニー候補。しかし、代議員69人を抱える大票田・イリノイ州での勝利を確実としたことで、来月以降、東部のニューヨーク州やコネティカット州など、得意とするリベラル色の強い州での候補者選びを前に弾みをつけた形。