日テレNEWS
国際
2012年4月3日 8:19

シリア・アサド政権「10日までに軍撤退」

 反体制派への武力弾圧を続けるシリアのアサド政権が、市街地からの軍の撤退など、調停案の一部を10日までに履行すると表明したことがわかった。

 アサド政権は先週、暴力停止に向けた調停案の受け入れを表明したが、その後も反体制派への武力弾圧が続けられ、死者は9000人以上に上っている。

 この問題で調停役を務めるアナン前国連事務総長は2日、国連の安全保障理事会と会議を行い、アサド政権が10日までに市街地から軍を完全に撤退させ、停戦すると伝えてきたことを明らかにした。

 また、アナン氏はこうした事態を受け、安保理に対して、シリアへの監視団派遣を検討するよう要請した。