日テレNEWS
国際
2012年4月14日 12:19

韓国軍 海に落下した“ミサイル”破片捜索

 北朝鮮が13日に「人工衛星の打ち上げ」と称する事実上の弾道ミサイルを発射してから一夜が明けた。韓国軍は、海に落下したミサイルの破片を捜索しているが、これまでのところ、確認されていない。

 韓国軍は、約20の破片に分かれて落下したミサイルの残骸を捜索している。現場海域ではいくつかの浮遊物が見つかっているが、国防省はミサイルの破片である可能性は低いとみている。