日テレNEWS
国際
2012年5月4日 0:09

盲目の人権活動家、米国亡命の意向を表明

 保護されていた中国・北京のアメリカ大使館を離れ、2日に病院に移された中国の盲目の人権活動家・陳光誠氏(40)が3日、時事通信の電話取材に応じ、アメリカに亡命する意向を明らかにした。

 陳氏「(Q中国を離れてアメリカへ行く予定?)はい、そうです。大使館を離れた後に、本当に自分の権利が保障されているわけではないと気づいた。携帯電話は出ることもかけることも許されなかった」

 陳氏の身柄については、米中両政府が水面下で協議した結果、今後は中国国内の安全な環境に移ることで合意していたということで、陳氏が一転して亡命する意向を示したことで米中両政府は再び難しい対応を迫られている。