日テレNEWS
国際
2012年5月29日 13:30

決選投票候補に抗議、事務所襲撃 エジプト

 決選投票が決まったエジプトの大統領選挙をめぐり、抗議デモが起きている。首都・カイロで28日、候補の一人が旧ムバラク政権の閣僚であることに抗議する群衆が選挙事務所を襲撃した。

 襲撃されたのは、旧政権時代に最後の首相を務めたシャフィーク候補の選挙事務所。結果に抗議する群衆が28日、事務所を襲撃した後、火をつけたという。ロイター通信によると、ケガ人はいなかった。また、カイロ中心部・タハリール広場でも、結果に反発する若者らが抗議デモを行った。

 決選投票は、穏健イスラム原理主義組織「ムスリム同胞団」のモルシー候補とシャフィーク候補の間で来月中旬に行われる予定だが、結果次第では混乱が拡大する懸念も出ている。