日テレNEWS
国際
2012年6月8日 10:15

NYダウ、3日続伸 中国利下げを好感

 7日のアメリカ・ニューヨーク株式市場でダウ平均株価は、前日比46ドル17セント高い1万2460ドル96セントと、3日続伸で取引を終えた。

 6日に今年最大の上げ幅を記録したニューヨーク株式市場のダウ平均株価は、7日も取引開始直後から大きく値を上げて始まった。これは、景気減速懸念があった中国で利下げの発表があったことを好感したもの。

 しかし、格付け会社「フィッチ・レーティングス」が、スペイン国債を「景気後退が続き、対外債務が大きい」などとして「A」(シングル・エー)から「BBB」(トリプル・ビー)へ3段階引き下げたため、上昇ムードにあった株価への重石となった。

 ハイテク株中心のナスダック総合指数は、前日比13.70ポイント安の2831.02で取引を終えている。