日テレNEWS
国際
2012年8月14日 16:36

韓国サッカー協会、日本に遺憾の意のメール

 ロンドンオリンピックのサッカー男子の3位決定戦後に、韓国の朴鍾佑選手が島根・竹島(韓国名=独島)を韓国の領土だとするメッセージを掲げた問題で、韓国のサッカー協会は、日本側に事情を説明し、遺憾の意を表すメールを送ったことを明らかにした。

 韓国のサッカー協会によると、13日に日本サッカー協会に英文で事情を説明するメールを送ったという。メールでは、朴選手の行動について、「政治的意図はなく、偶発的なものだった」とした上で、「今後、同じことが起きないよう、互いに努力しよう」と日本側に呼びかけたという。

 また、メールでは、遺憾の意も示したものの、日本での「謝罪文を送った」との一部報道について、「謝罪ではない」と否定している。

 一方、朴選手は13日夜、ソウルで行われた銅メダル獲得を祝う夕食会に出席した。帰国後、初めて公の場に姿を現したが、表情は硬いままだった。