日テレNEWS
国際
2012年10月18日 11:29

ニューヨーク連銀爆破計画 21歳男逮捕

 FBI(=アメリカ連邦捜査局)は17日、ニューヨークの金融街にある連邦準備銀行を爆破する計画を立てたとして男を逮捕した。

 アメリカ司法省によると、逮捕されたのはバングラデシュ国籍・ナフィス容疑者(21)で、ニューヨーク連邦準備銀行を重さ450キロの爆弾で爆破しようと企てた疑いが持たれている。ナフィス容疑者はもう1人の男と銀行の前まで車で向かい、爆破を実行しようとしたが、この男は「おとり捜査」を行っていたFBIの捜査員で、渡された“爆弾”も実際には爆発しない偽物だった。

 ナフィス容疑者は1月、アメリカへのテロを行う目的で入国したという。国際テロ組織「アルカイダ」との関係はわかっていない。