日テレNEWS
国際
2012年11月22日 10:24

韓国大統領選“一本化”2候補がテレビ討論

 来月に行われる韓国の大統領選挙で候補一本化で合意している野党系候補2人が21日夜、初めてとなるテレビ討論を行った。

 最大野党・民主統合党の文在寅候補(59)と無所属の安哲秀候補(50)は、テレビカメラを前に1時間40分にわたって舌戦を展開、両者とも自らが大統領候補にふさわしいと訴えた。

 文候補「私には国政運営の経験があるので、候補の中で一番準備ができていると思います」

 安候補「国民が選択する新しい変化、そのために私の全てをささげます」

 両候補の一本化は世論調査を軸に行われる見通しだが、質問内容を互いに有利にしようと、両陣営の折り合いはついていない。一本化の期限26日に迫る中、文候補と安候補は22日に会談し、決着を目指すことにしている。