日テレNEWS
国際
2012年12月9日 12:26

エジプト大統領、権限強化の憲法令を撤回

 エジプト・モルシ大統領は8日、自らの権限を強化する「憲法令」を撤回することを決めた。

 AP通信によると、モルシ大統領は8日に声明を発表し、大統領の権限が裁判所の決定などに優先されるなどとした憲法令を撤回することを明らかにした。大統領権限の強化については、野党勢力などが「独裁的だ」と批判を強め、首都・カイロにある大統領宮殿の前には数万人規模でデモ隊が押し寄せ、5日の衝突では7人が死亡するなど混乱が拡大したため、憲法令の撤回を決めた。

 一方で、野党側が延期を求めている「新憲法案」の是非を問うための国民投票については、予定通り15日に実施する構えを崩しておらず、混乱が収まるかはなお不透明。