日テレNEWS
国際
2012年12月11日 17:47

北朝鮮、発射台から“ミサイル”取り外す

 北朝鮮が、いったん発射台に装着した事実上の弾道ミサイルを取り外したことがわかった。韓国政府の関係者は、今週中にミサイルが発射される可能性は低いという見方を示した。

 日本政府の関係者によると、北朝鮮北西部の発射施設では、10日から11日にかけてミサイルが発射台から取り外され、11日の時点で発射台にはないという。

 韓国政府の関係者は、不具合が起きているのは「ミサイルの進む方向を調整するシステム」で「修理を行っているようだ」と分析している。この関係者は、13日以降の気象条件が良くないことなどを理由に、今週中にミサイルが発射される可能性は低いという見方を示した。