日テレNEWS
国際
2013年1月5日 21:47

アラスカ沖地震 津波警報を解除

アラスカ沖地震 津波警報を解除
(c)NNN

 アメリカ・アラスカ沖で日本時間5日、マグニチュード7.5の地震があった。津波警報が出されたが、解除された。気象庁によると、この地震による日本での津波の心配はない。

 「アメリカ地質調査所(=USGS)」によると、アラスカ州の南東部沖で日本時間5日午後5時58分、マグニチュード7.5の大きな地震があった。震源は州都・ジュノーの沖335キロの海底で、震源の深さは9.6キロ。この地震で、アメリカの「西海岸アラスカ津波警報センター」は一時、アラスカからカナダの太平洋岸に津波警報を出したが、その後、解除した。

 日本の気象庁は日本沿岸への津波の影響があるか調査していたが、日本時間5日午後8時22分、この地震による津波の心配はないと発表した。