日テレNEWS
国際
2013年1月29日 22:59

カザフスタン南部で旅客機墜落、21人死亡

 日本時間29日夕方、カザフスタン南部・アルマトイの近郊で、同国の「スカット航空」の「ボンバルディア」製CRJ200型旅客機が墜落した。

 インターファクス通信によると、墜落したのは北部・コクシェタウからアルマトイに向かう国内便で、悪天候の中で着陸に失敗し、乗員5人、乗客16人の計21人全員が死亡した。その後、墜落機のフライトレコーダーが現場で見つかり、カザフスタンの航空当局が分析を行うことにしている。

 在カザフスタン日本大使館によると、日本人が乗っていたという情報はないという。また、地元メディアがスカット航空が発表したものと伝えている乗客名簿にも日本人と思われる名前はない。