日テレNEWS
国際
2013年2月5日 21:30

領土・主権調整室設置、遺憾な行動~韓国

 領土をめぐる日本政府の主張を補強することを目的として内閣官房に「領土・主権対策企画調整室」が新設されたことに対し、韓国は反発している。

 「我々はこれに対して強く抗議し、時代に逆行する措置をただちに撤回するよう求める」-韓国外交通商省・趙泰永報道官は5日、竹島は韓国領だとするこれまでの主張を繰り返した上で、調整室の設置は「遺憾な行動だ」と述べた。

 韓国側は「竹島問題は歴史問題」との立場で、今回の措置は日本が植民地支配を反省していないことを示すものだと主張している。