日テレNEWS
国際
2013年2月13日 11:59

IOC“領土主張”韓国選手にメダル授与へ

 ロンドンオリンピックの男子サッカーで竹島を韓国領だと主張するメッセージを掲げた韓国の選手に対し、IOC(=国際オリンピック委員会)は12日、保留していた銅メダルを授与することを決めた。

 韓国・朴鍾佑選手は、日本との3位決定戦の試合後に「独島(竹島)は我々の領土」というプラカードを掲げ、メダルの授与が保留されていた。IOCは12日の理事会で、行動は偶発的なもので、すでにFIFA(=国際サッカー連盟)から処分を受けているとして、銅メダル授与を決めた。

 IOCは、不適切な行動を強く警告するとした上で、韓国オリンピック委員会に対し、オリンピック憲章に基づく選手の教育プログラムを提出するよう求めている。