日テレNEWS
国際
2013年2月15日 3:10

義足のピストリウス選手、女性射殺で逮捕

 両脚義足のランナーとして去年夏のロンドンオリンピックに初めて出場した南アフリカのオスカー・ピストリウス選手(26)が14日、自宅を訪れた交際相手を射殺し、逮捕された。

 地元の新聞「タイムズ」によると、ピストリウス選手は14日朝、南アフリカの首都・プレトリアにある自宅で、ガールフレンドでモデルのリーバ・スティーンカンプさん(30)を拳銃で撃ったという。スティーンカンプさんは頭と腕を撃たれて現場で死亡が確認され、警察はピストリウス選手の身柄を拘束し、その場で逮捕した。

 ロイター通信によると、スティーンカンプさんは簡易投稿サイト「ツイッター」に、「バレンタインデーを彼(ピストリウス選手)と一緒に過ごすのを楽しみにしている」と書き込んでいた。また、地元メディアによると、14日はバレンタインデーだったため、スティーンカンプさんがピストリウス選手を驚かそうとサプライズで自宅を訪れたという。そのスティーンカンプさんをピストリウス選手が強盗と勘違いして射殺した可能性がある。

 地元の警察は会見で、「(ピストリウス選手が)家庭の中でトラブルを抱えていたことは確認している」と話し、誤って射殺したという情報については、「まだ確認していない」としている。

 詳しい犯行時の状況などは、今後明らかになるものとみられる。