日テレNEWS
国際
2013年3月27日 8:20

NYダウ 111ドル高で過去最高値を更新

 26日のアメリカ・ニューヨーク株式市場のダウ平均株価は、アメリカの経済指標が改善したことを受けて大きく値を上げ、再び過去最高値を更新した。

 ニューヨーク株式市場は、キプロスの債務危機などヨーロッパの金融不安が重しとなっている状況だった。こうした中、26日、アメリカの商務省が発表した2月の自動車などの耐久財の受注額が予想を上回った。景気が着実に回復しているという安心材料になって市場では買い注文が相次ぎ、ダウ平均株価は前日比111ドル90セント高い1万4559ドル65セントで取引を終えた。ハイテク株中心のナスダック総合指数は、前日比17.18ポイント高い3252.48で取引を終えている。

 市場関係者は「ヨーロッパへの金融不安は残っているものの、アメリカの景気回復への期待の方が高く、市場でも基本的には値は上がっていく傾向にある」と話している。