日テレNEWS
国際
2013年3月28日 16:07

BRICS首脳、開発銀行設立で基本合意

 中国やブラジルなど5つの新興国による「BRICS」首脳会議は27日、新興国の主導で発展途上国を支援する「BRICS開発銀行」を設立することなどで基本合意した。

 南アフリカで26日から2日間行われたBRICS首脳会議には、中国・習近平国家主席やロシア・プーチン大統領の他、インド、ブラジル、南アフリカの首脳が出席した。会議では、現在の先進国主導の経済に対抗し、新興国が主導で発展途上国の開発を支援する「BRICS開発銀行」を設立することで基本合意した。

 また、金融危機などの際に新興国が外貨を融通しあう1000億ドル(約9兆4000億円)規模の基金を作る方針でも一致した。中国メディアによると、基金の40%以上を中国が出資するということで、新興国の中でも中国の存在感が強まっている。