日テレNEWS
国際
2013年4月16日 9:41

北朝鮮 韓国に最後通牒「報復行動を開始」

 北朝鮮の軍は16日、韓国・ソウルで15日に行われた反北朝鮮集会で北朝鮮・金正恩第1書記の肖像画が燃やされたことに反発し、軍事的な報復行動を取ると警告した。

 朝鮮中央通信は、北朝鮮の軍の最高司令部が16日未明、韓国政府に最後通牒(つうちょう)を送ったと伝えた。それによると、ソウルで15日に保守系の団体が金第1書記の肖像画を燃やしたことを強く非難、「今後、予告なしの報復行動を開始する」と警告している。また、「革命武力による軍事的示威行動が開始される」と予告している。さらに、韓国政府が対話を望むのであれば、これまでの敵対行為を謝罪すべきだと主張している。

 南北関係の改善に向け、韓国・朴槿恵大統領が対話を呼びかける中、謝罪が前提だと突きつけることで韓国を揺さぶる狙いもあるものとみられる。