日テレNEWS
国際
2013年5月13日 17:42

北の“国防相”が交代、金正恩体制で3回目

 北朝鮮の国防相にあたる人民武力相が、強硬派とされる金格植氏(75)から張正男氏に交代したことが分かった。

 北朝鮮の国営メディアは13日、張氏を人民武力相として紹介した。これにより、人民武力相が金氏から交代したことが判明したもの。

 金氏は去年10月、人民武力相に就任。今年3月には労働党の政治局員候補、先月には国防委員会の委員に選ばれた。交代の理由は明らかにされていないが、金氏は北朝鮮軍部の強硬派とみられていて、今回の人事が北朝鮮の外交姿勢の変化につながるか注目される。

 新任の張氏は最近まで軍の第1軍団長を務めていた。また、韓国の統一省によると、年齢は50代で、交代は若返りを図ったとの見方も出ている。金正恩体制発足後、人民武力相の交代は3回目となる。