日テレNEWS
国際
2013年5月24日 16:41

露・カムチャツカ半島沖でM8.2の地震

 アメリカ地質調査所(=USGS)によると、ロシア極東のカムチャツカ半島で日本時間24日午後2時44分頃、マグニチュード8.2の地震が発生した。

 震源地はカムチャツカ半島沖のオホーツク海上で、震源の深さは約600キロ。太平洋津波警報センター(=PTWC)によると、この地震による津波の心配はないという。ロシアのインターファクス通信によると、カムチャツカ半島では、今週に入ってから複数の有感・無感の地震が発生していた。

 この地震で、サハリンと北方領土・千島列島に一時、津波警報が出されたという。