日テレNEWS
国際
2013年7月15日 8:09

タイソン・ゲイ選手に禁止薬物の陽性反応

 陸上男子100メートルで歴代2位の記録を持つアメリカのタイソン・ゲイ選手に、禁止薬物の陽性反応が出た。

 ロイター通信などによると、ゲイ選手は今年5月に受けた禁止薬物の検査で陽性反応が出たことを、アメリカの反ドーピング機関から知らされたと14日、明らかにした。これを受け、8月の陸上世界選手権を欠場する考え。

 反応が出た薬物の詳細は明かされていないが、ゲイ選手は「私は間違いを犯した。信頼していた人物に失望させられた」と話している。ただ、自らの意思で禁止薬物を摂取したことはないと強調しており、近く別のサンプルの検査が行われる予定だという。

 ゲイ選手は今年6月、全米選手権の100メートルで今シーズン世界最高記録の9秒75を出すなど、好調だった。