日テレNEWS
国際
2013年7月22日 17:45

パナマ当局、北朝鮮船から戦闘機2機を発見

 中米のパナマでキューバを出港した北朝鮮籍の貨物船から兵器の一部などが見つかった事件で、21日、積み荷のコンテナから新たに戦闘機やレーダー機器が発見された。

 パナマの捜査当局は21日、問題の貨物船に積まれていたコンテナの中から、2機のミグ21戦闘機の胴体部分が新たに見つかったとして、報道陣に公開した。また、AP通信などによると、別のコンテナからは、防空用のレーダー機器も見つかったという。船が拿捕(だほ)された後、キューバ政府は積み荷にミグ21が含まれていることを明らかにしていたが、全て「修理のために北朝鮮に送る途中だった」と説明している。

 パナマのマルティネリ大統領は、「貨物船にはまだ20個ほどのコンテナが積み荷の砂糖に埋もれている」との見方を示していて、捜査当局が把握を急いでいる。