日テレNEWS
国際
2013年9月23日 14:10

ケニア軍「人質のほとんどを解放」

 ケニアの首都・ナイロビで武装グループがショッピングセンターを襲撃し立てこもっていた事件で、軍は22日、建物の大部分を制圧し、人質のほとんどが解放されたことを明らかにした。

 ロイター通信などによると、襲撃されたショッピングセンターには現在も、隣国・ソマリアのアルカイダ系「アル・シャバブ」とみられる武装グループ十数人が立てこもりを続けている。こうした中、ケニアの軍報道官は22日、地元のテレビ局に対し、現場の制圧が近いことを明らかにした。

 ケニア軍報道官「人質の大多数を解放した。残った人質は10人未満だ」

 この事件では、これまでに外国人を含む少なくとも68人が死亡、175人がケガをしたことが明らかになっているが、事件の全貌はわかっておらず、さらに犠牲者が増える恐れもある。