日テレNEWS
国際
2013年10月17日 8:09

NY株205ドル高 財政問題の打開を期待

 16日のアメリカ・ニューヨーク株式市場は債務上限の引き上げ問題でようやく事態が打開される見通しとなったことから、200ドル以上と大きく値を上げて取引を終えた。

 アメリカでは与野党の対立から、17日までに債務上限の引き上げができなければ、「債務不履行」に陥る可能性があり、市場も大きく混乱していた。週末から続けられた協議の結果、この日、上院の与野党はようやく合意に至り、2月7日まで政府の支払いが出来るよう債務上限を引き上げること、などを含む妥協案が16日夜、可決される見通し。これを受けて市場では安心感が広がったことから幅広い銘柄で買いが進み、ダウ平均株価は前日比205ドル82セントと大幅に上げ、1万5373ドル83セントで取引を終えた。これは約3週間ぶりの高値。

 ハイテク株中心のナスダック総合指数は45.42ポイント高い3839.43で取引を終えている。