日テレNEWS
国際
2013年11月1日 2:49

中国国防省、軍事演習“日本が妨害”で抗議

 中国国防省は、中国海軍が西太平洋で行っている軍事演習の海域に日本の海上自衛隊の艦船などが入り妨害したとして、日本側に抗議した。

 中国海軍は、先月24日から西太平洋の公海上で大規模な実弾演習を行っている。先月31日、中国国防省は会見で、先月25日以降、演習エリアに海上自衛隊の護衛艦や航空機が入り、演習を妨害したと主張した。その上で「極めて危険性が高い挑発行為」で、「生じる結果の責任は日本側が負うことになる」などと警告した。

 日本大使館によると、先月31日午前、大使館職員が国防省に呼び出されて抗議を受け、日本側としても反論を伝えたという。