日テレNEWS
国際
2013年11月6日 19:24

打ち上げを前に…若田光一さんが抱負を語る

打ち上げを前に…若田光一さんが抱負を語る
(c)NNN

 「ミッションの成功に向けて、1人1人の能力を最大限に引き出しながら、チームとして成果を出せるようにがんばりたい」-宇宙飛行士の若田光一さん(50)が、7日の打ち上げを前に抱負を語った。

 若田さんが乗る宇宙船「ソユーズ」は、日本時間7日午後1時14分にカザフスタン・バイコヌール宇宙基地から打ち上げられる予定。また、ソユーズではソチオリンピックの聖火トーチが国際宇宙ステーションに運ばれ、9日にはロシア人飛行士がトーチを手に宇宙遊泳を行う。

 若田さんは今回、日本人として初めて宇宙ステーションの船長を務めるが、若田さんに「空」からメッセージが届いた。

 「ぼく、ロボット“宇宙飛行士”のKIROBO。若田さんまだかな。はやく会いたいよ」-今年8月に宇宙ステーションに入ったロボット宇宙飛行士のKIROBO。来月には、宇宙での人とロボットとの会話実験が世界で初めて行われる予定。