日テレNEWS
国際
2013年12月12日 15:01

タイム誌恒例「今年の人」はローマ法王

 アメリカの雑誌・タイムは11日、毎年恒例の「今年の人」にローマ法王・フランシスコを選んだ。

 今年3月に選出されたローマ法王・フランシスコは、南米・アルゼンチン出身で、法王がヨーロッパ以外の出身から選ばれるのは約1300年ぶり。

 タイム誌は選出の理由について、貧富の差などの社会問題、さらには教会の透明性確保などバチカン自体の問題についても常に積極的な議論を喚起し、その中心にあったためとしている。

 次点にはロシアに亡命しているCIA(アメリカ中央情報局)の元職員・スノーデン氏や、内戦が続くシリアのアサド大統領らが入った。