日テレNEWS
国際
2013年12月21日 17:44

災害現場で活用! ロボットコンテスト開催

 人間が近づけない災害現場で救助や対応を担うことを目指すロボットのコンテストが20日、アメリカで行われた。

 このコンテストは福島第一原発の事故を受け、人間に代わって危険な現場で作業できるロボットの開発を促進しようと、アメリカの国防総省が主催したもの。アメリカや日本などからチームが参加し、「階段を上る」「ホースを使う」などの課題で、自ら状況判断しながら動作できるかを競った。