日テレNEWS
国際
2013年12月22日 12:51

米軍機、攻撃される オバマ大統領が声明

 政府軍と反大統領派の対立により戦闘が続いているアフリカの南スーダンで21日、アメリカ軍機が攻撃を受け、兵士4人がケガをした。

 アメリカ政府によると、南スーダンのボルで21日、アメリカ国民を避難させる任務にあたっていた輸送機オスプレイ3機が地上からの攻撃を受け、アメリカ兵4人がケガをした。

 これを受けてオバマ大統領は「南スーダンの指導者はアメリカ国民の安全確保に協力する責任がある」との声明をだした。

 南スーダンでは今月15日から政府軍と反大統領派による戦闘が続いていて、これまでに数百人が死亡している。現地にはPKO(=国連平和維持活動)のため陸上自衛隊員460人が滞在しているが、現在は宿営地の外での活動を自粛し、避難民のために給水や医療活動をしている。