日テレNEWS
国際
2013年12月26日 22:50

靖国神社参拝 韓国政府が日本側に抗議

 安倍首相の靖国神社参拝について、韓国政府は日本側に対し、参拝によって日韓関係に否定的な影響を及ぼすのは避けられず、「すべての責任は日本にある」と抗議した。

 韓国・劉震龍文化体育観光相「植民地支配と侵略戦争を美化し、戦犯を合祀(ごうし)する靖国神社参拝に、韓国政府は嘆きと強い怒りを禁じ得ない」

 韓国外務省の金奎顕外務第1次官は、在韓日本大使館の倉井統括公使を呼び、抗議した。韓国政府の高官によると、金第1次官は「安倍首相は日韓首脳会談に積極的な立場を見せているが、果たして本気なのか深刻な疑問を呈する。日韓関係に否定的な影響が出るのは避けられないが、すべての責任は日本にある」と述べたという。

 韓国ではこのところ、日本との関係改善に取り組むべきだという声がメディアからも上がり始めていたが、今回の参拝でそうした論調が後退し、関係がさらに冷却化するのは避けられない見通し。