日テレNEWS
国際
2014年2月4日 8:35

NYダウ326ドル安 米経済に慎重な見方

 3日のアメリカ・ニューヨーク市場は、アメリカ経済への慎重な見方が広がったことでダウ平均株価は前週末比300ドル以上大幅に下落した。

 3日のダウ平均株価は、前週末比326ドル05セント安の1万5372ドル80セントで取引を終えた。また、ハイテク株中心のナスダック総合指数も、前週末比106.92ポイント安の3996.96となっている。

 この背景には、アメリカの景気の先行きに不透明感が出ていることがある。3日に発表された1月の製造業の景況感指数は、前月に比べて大幅に低下した。また、1月の新車の販売台数も前年同月より落ち込んだ。アメリカを襲っている異例の寒波の影響との見方もあるが、アメリカ経済の先行きに慎重な見方も広がり、株価を下げる結果となった。