日テレNEWS
国際
2014年2月5日 2:38

米MS、ビル・ゲイツ氏の会長職退任を発表

 アメリカのマイクロソフトは4日、創業者のビル・ゲイツ氏(58)が会長職を退任すると発表した。ゲイツ氏は2008年に一線から退き、自らの財団の慈善活動に軸足を置いていた。今回、会長職を退くものの、技術アドバイザーとして積極的に製品開発に関わるという。

 ゲイツ氏は今後についてコメントし、インターネット上にデータやソフトを管理するクラウドシステムの新たな開発に意欲を示している。