日テレNEWS
国際
2014年3月4日 23:52

軍事力行使は最後の選択肢~プーチン大統領

 ロシアのプーチン大統領は4日、ウクライナ情勢が緊迫して以降初めて会見し、クリミア半島での軍事力行使は「最後の選択肢」と述べ、今後の展開次第では軍事的な行動も排除しない考えを示唆した。

 プーチン大統領は4日、モスクワ郊外の大統領公邸で記者会見を行った。大統領は、「クリミア半島では今、軍事力を行使する必要はない」と述べ、直ちに軍事的な衝突が起こる可能性は回避されたとの考えを示した。

 一方で、「軍事力の行使は最後の選択肢だ」とも述べ、今後のウクライナの暫定政権や欧米諸国の動き次第では、軍事的な行動も排除しない考えを示唆した。

 また、ウクライナで起きたことは革命ではなく違法なクーデターだと述べ、正当性は依然としてヤヌコビッチ前大統領にあるとの考えを示した。