日テレNEWS
国際
2014年3月26日 10:36

日米韓首脳会談“歴史問題”は議題に上らず

 北朝鮮の弾道ミサイルが発射されたのと同じ時刻にオランダのハーグでは25日、日米韓3か国による首脳会談が行われた。日韓関係が冷え込む中、安倍首相と韓国・朴大統領が公式に会談するのは初めてとなる。

 会談はオバマ大統領の仲介で実現したもので、首脳らのあいさつで始まった。

 朴大統領「今日の会談が北朝鮮問題について3国間の連携を確認し、協力強化のきっかけになることを望みます」

 一方、安倍首相は韓国語を交えてあいさつし、日韓関係改善への意欲をのぞかせた。

 安倍首相「朴大統領ともお目にかかれて、本当にうれしく思います」

 45分間の会談では北朝鮮問題を中心に北東アジアの安全保障問題が話し合われ、緊密に連携していくことで一致。一方で歴史認識をめぐる問題は議題に上らなかったという。

 会談後、韓国大統領府は「北朝鮮の非核化を進めるため、3か国で連携する重要性を再確認した」と評価した。

 安倍首相「今回の会談を今後、未来志向の日韓関係に発展させる第一歩にしたいと考えている」

 アメリカによるおぜんだての次は日韓の2か国会談をどう実現させるのか、安倍首相の手腕がとわれることになる。