日テレNEWS
国際
2014年4月6日 20:21

北朝鮮の無人機か、韓国内で3機目発見

 韓国軍は6日、北東部の江原道で北朝鮮のものとみられる無人航空機が墜落しているのを新たに発見した。

 韓国軍は6日、江原道にある三陟市の山中で、墜落した無人航空機を発見した。形や青色の塗装から先月末、軍事境界線近くで見つかった無人機と同型で、北朝鮮が飛ばしたものとみられるという。

 韓国で北朝鮮のものとみられる無人機が見つかったのは3機目で、国防省は北朝鮮が韓国を威嚇するために飛ばしたものとみて警戒を強めている。

 一方、北朝鮮の軍の報道官は5日、「『正体不明の無人機』がソウル上空を自由に飛び回り、韓国では当局を非難する声が高まっている」と述べた。北朝鮮が無人機について言及するのは初めてだが、自らが飛ばしたかどうかには触れていない。