日テレNEWS
国際
2014年4月8日 13:37

米国防長官が中国空母「遼寧」に初乗艦

 中国を訪問しているアメリカのヘーゲル国防長官は、中国初の空母に乗艦して視察した。外国の高官の乗艦が認められたのは初めてだという。

 ヘーゲル国防長官は日本に続いて、7日から中国を訪れている。アメリカ国防総省によると、ヘーゲル長官は7日午後、山東省の青島で、中国初の空母「遼寧」に乗艦し、約2時間視察した。中国側が外国の高官の乗艦を認めたのは初めてだという。

 中国としては、急速な軍備増強をめぐって国際社会から懸念が示される中、透明性をアピールする狙いがあるとみられる。アメリカ側も、「中国が軍事面に関し、透明性を高めることは重要なことだ」と評価している。