日テレNEWS
国際
2014年5月6日 21:38

船員ら「避難措置を取らなかった」と供述

 韓国の旅客船沈没事故で、事故当時、操舵(そうだ)室にいた船員らは「避難措置を取らなかった」と供述していることが、捜査関係者により明らかにされた。

 操舵室の船員らは、管制センターとの交信で、乗客に避難措置を取るよう繰り返し指示を受けていた。捜査当局は、避難措置を取らなかったために被害が拡大したとみて、引き続き調べている。