日テレNEWS
国際
2014年7月2日 12:39

北“ロケット砲”発射 存在感誇示が狙いか

 北朝鮮がまた、日本海に向けロケット砲とみられる発射体2発を発射した。

 韓国軍によると、北朝鮮は2日午前6時50分頃と午前8時頃、東海岸の元山付近から北東方向の日本海に向けてロケット砲と推定される発射体を発射した。約180キロ飛んだとみられ、北朝鮮の領海付近に落下したという。

 軍関係者は、先月26日に発射したのと同じ、「KN-09」と呼ばれるロケット砲の改良型だと推定している。軍関係者は、3日から中国の習近平国家主席が韓国を訪れるのを前に北朝鮮が存在感を誇示するために発射した可能性があると分析している。