日テレNEWS
国際
2014年7月4日 12:21

W杯開催都市で高架道路が崩落、1人死亡

 「2014 FIFA ワールドカップ」が開かれているブラジル・ベロオリゾンテで3日、建設中の高架道路が崩落し、少なくとも1人が死亡した。

 ロイター通信によると、事故があったのは9日に準決勝が行われるブラジル南東部・ベロオリゾンテの幹線道路で、競技場から約3キロの場所。建設中の道路の高架が一部崩落し、下を通っていたバスなどを直撃した。この事故で少なくとも1人が死亡、19人がケガをした。事故の原因は分かっていない。

 高架道路は、ブラジル政府がワールドカップにむけたインフラ整備の一環として開幕までの完成を目指していたが、工事は遅れ、いまだ建設中だったという。