日テレNEWS
国際
2014年7月11日 16:51

米・ケリー国務長官、アフガンを電撃訪問

 アメリカのケリー国務長官は11日、大統領選挙の結果を巡り混乱が続いているアフガニスタンを予告なしに訪問した。

 アフガニスタンでは、先月に実施された大統領選挙の暫定結果が今月7日に発表され、ガニ元財務相の得票率が56.44%で過半数に達した。対抗馬のアブドラ元外相は43.56%だった。しかし、アブドラ元外相は選挙違反があったなどとして、結果を受け入れない構えを見せている。

 こうした混乱が続く中、首都・カブールを予告なしに訪れたケリー長官は、2人の候補と会談を行う予定。会談では、選挙違反を十分に調査するよう求めるものとみられる。

 アメリカは2016年末までに軍の完全撤収を決めていることから、事態を早期に収拾したい考え。